信頼が厚いエアコンクリーニング業者を選ぼう

孤独死の後の掃除

清掃員

賃貸物件での孤独死処理

近年は、核家族化や少子化で独り暮らしをする高齢者が増えてきています。それに加えて地域のコミュニティも希薄になりつつあるので、死亡してからしばらくして発見されるということもあります。孤独死や病死それから自殺などさまざまなことが想定されますが、すでに死亡してから日数が経過していて死体が腐乱しているということもあります。そのような場合には単なる遺体の除去と遺品整理では済まずに特殊清掃が必要になります。身寄りのない高齢者が一人で賃貸物件で暮らしていた場合には、その物件に対してオーナー自身が特殊清掃の手配をしてクリーニングしてもらう必要があります。一般に賃貸オーナーは入居者からの家賃収入を前提としているだけですから、物件での入居者の死亡、そして特殊清掃の必要性は想定していません。そのためにどれくらいの費用で清掃が可能になるかという費用の相場についても把握ができていません。そこでまずは特殊清掃の費用の相場を確かめて、適正な金額で作業をしてくれる業者を探しましょう。また賃貸物件の管理を不動産会社に委ねていることも多いはずです。そのような場合でも、特殊清掃の費用はオーナーが負担することになりますから、相場を確かめてあまりにも高額な業者に不動産会社が頼まないようにチェックしましょう。これからの時代は高齢化が加速しますのでそれにともない特殊清掃の機会も増えてくるはずです。不動産オーナーにとっては避けられないこととして費用の備えをしておきましょう。